介護初任者研修

介護初任者研修(旧ホームヘルパー2級)の概要

介護初任者研修

今、高齢化が進んでいる日本ですが、平成25年には4人に1人が高齢者という超高齢社会になると言われています。現段階でも介護職員の人手が足らないという状況なだけに、今後ますます介護のニーズが高まってきます。

 

そうしたニーズに答えるため、「より良い介護が行えるように知識や技術を身に付ける」「介護・福祉の人材育成体系(キャリアパス)をわかりやすくする」ことを目的に制度改正がおこなわれ、2013(平成25)年4月より、ホームヘルパー2級は廃止となり『介護職員初任者研修』へと変わりました。

 

ではどのように制度が変わったのでしょうか?

 

 

介護職員初任者研修への変更点

介護職員初任者研修 資格取得

分かりやすくなった介護資格ステップアップへのキャリアパス

今までは介護の上級資格である介護福祉士になるには、ホームヘルパー2級、ホームヘルパー1級、介護職員基礎研修の修了者ならだれでも介護福祉士国家試験を受けられ(実務経験等の受験資格が必要)、資格取得が可能だったため、養成体系が複雑でキャリアパスが分かりづらいものでした。

 

しかし制度の改正により、介護人材養成体系が分かりやすくなりホームヘルパー2級、ホームヘルパー1級、介護職員基礎研修は介護職員初任者研修の統一され、キャリアパスは介護初任者研修修了者⇒実務研修⇒介護福祉士⇒認定介護福祉士(仮名)となりました。

施設実習が廃止になり、実技時間が増加したカリキュラム

介護初任者研修のカリキュラムは、130時間とホームヘルパー2級カリキュラムと変わりありませんが、施設実習がなくなった代わりに、より専門的な知識や介護技術を身に付けるための時間が増加しました。

 

介護初任者研修のカリキュラム

科目

時間数

職務の理解

6時間

介護における尊厳の保持・自立支援

9時間

介護の基本

6時間

介護福祉サービスの理解と医療と連携

9時間

介護におけるコミュニケーション技術

6時間

老化の理解

6時間

認知症の理解

6時間

障害の理解

3時間

こころとからだのしくみと生活支援技術

75時間

振り返り

4時間

合計

130時間

介護初任者研修資格取得するには筆記試験があります。

ホームヘルパー2級資格取得には130時間の講座を修了すれば、だれでも資格を取得することが出来ましたが、介護初任者研修では、筆記試験(1時間程度)に合格して初めて資格取得できるものとなりました。ヘルパー2級に比べると難易度は上がると思われますが、きちんと講義を受けていれば受かる内容と思います。

 

今後の超高齢化社会、2025年問題への取り組みとして介護職員を育成する目的に、より良い介護サービスの提供を届けるための、専門性の高いものとなったと思います。

 

私のホームヘルパー2級(介護初任者研修)資格取得体験談

私が介護資格を取得するきっかけは、当時の職場は不景気のあおりを受けてちょっと怪しい雲行。生まれたばかりの子どもがいましたから、なるべく安定した職業に就きたいと考えたからです。

 

 

介護職は給料が安いというのは聞いていましたから、悩んだ部分もありました。しかし、高齢化が進んでいることも確かで、介護ヘルパーの人手不足もニュースで流れていましたのでそこは承知の上での決断でした。今後とも介護はなくならない職業の一つというは明らかですよね。仕事をしながらでも講座が受けられるので、もし自分の親や妻が介護を必要になった時、少しでも介助してあげられたらという思いもありましたので、ホームヘルパー2級資格取得講座(現 介護職員初任者研修)を受講しました。

 

>>続きを読む

 

 

シカトルで一括資料請求が便利!

シカトルは介護・医療・癒しの資格講座の資料請求を一括請求できる情報サービスです。

 

株式会社エス・エム・エスという会社が運営していて、介護・医療に特化した情報サービスを提供しているんです。例えば、介護求人サイト『カイゴジョブ』や看護師求人サイト『ナース人材バンク』なども運営しているので、こういうサイトを見たことある方もいるんじゃないでしょうか。

 

シカトルは、年間10万人が利用している大手資料請求サイト。
全国の講座情報を扱っていて、資格のとり方や資格取得機関の紹介(例えば、ニチイや三幸など)しているのですごくわかりやすいと思います。講座の資料は、まとめて一括請求できるので、一つ一つの講座へ資料請求する手間がはぶけ、届いた資料で比較もできるのですごく便利だと思います。
もちろん資料請求にはいくつ請求しても無料っていうのがうれしいですよね!

 

>>続きを読む