介護初任者研修

介護求人に見る将来性

介護初任者研修

私は以前、他県の老人介護保健施設(欲に言う老健のことです。)で働いていました。

 

しかし今は実家のある故郷に戻り、老健を併設した病院で介護職員(看護助手)として働いています。

 

 

 

高齢化の進む日本ですが、高齢者を介護するヘルパーの数は不足しているのが現状です。
新聞折り込みチラシの求人案内やフリーペーパーの求人情報誌なんかを見てみると、介護職員募集の求人が載っていないのは見たことがありません。

 

 

今はヘルパーの人員が不足しているのにもかかわらず、高齢者の数が増えていますから新設する施設の求人募集も多く見かけます。

 

「平成○○年○月オープンにつき、オープニングスタッフ募集」みたいな求人がよく載っていますよね。

 

ちなみにこのような求人募集はねらい目じゃないでしょうか。その求人に応募してくるみんなが立ち上げのメンバーになるから、みんなでいい施設にしようと一丸になって働けるから「やりがい」があると思います。

 

 

 

介護初任者研修

私がホームヘルパー2級(現 介護職員初任者研修)を取得しようと思ったのには、介護・福祉の分野の将来性などを考慮したからです。

 

介護は今後なくなることのない職業の一つですから、給与は少なくても介護の上級職である介護福祉士やさらに認定介護福祉士(先々増える予定の職種)、ケアマネージャーの資格を取得して事業を始めることも可能だと考えたからです。

 

 

介護職は女性がやっている仕事というイメージがあるかもしれませんが、男性でも事業を始めてみようと思えば将来の計画を立てやすい職業ではないかと思います。現に男性の介護ヘルパーも多く見られるようになり、年々、介護職員初任者研修の講座を受けられる方も増えているようです。

 

 

介護職は今ならどこに行っても求人がありますので、介護職員初任者研修(介護ヘルパー)の資格を持っていれば、食いぶちには困ることはないのではないでしょうか。

 

 

現に私は家庭のある事情で故郷に戻ってきましたが、ヘルパー資格を持っていたので就職口も比較的早い段階で就職できました。

 

もしこれが前の職種で就職活動をしていたなら、そう簡単に就職口が決まらなかったと思います。ハローワークにも行きましたが、前職だとなかなか求人が見つからなかったですね。
ホームヘルパー2級資格を仕事の帰りに行ける夜間コースで取ってて良かったです。

 

 

 

確かに介護職は仕事量の割に給料の少ない仕事だと思いますが、安定して働ける、キャリアアップで独立も考えられる仕事だと思います。今後ますます需要の増える職業ですから、介護初任者研修の資格を取得してみるのもいいと思います。

 

 

先々、万が一の両親の介護にも役に立ちますよ。
両親の介護にという目的で資格取得されている方もいましたからね。