介護初任者研修

介護資格取得で押さえておきたいポイント

介護初任者研修

介護の資格は、介護職員初任者研修に始まり、介護福祉士、認定介護福祉士(仮)やケアマネージャーといった資格が多数あります。

 

介護資格を取得するうえで、ここはこうした方がいいのではないかなど、私の経験を踏まえてポイントとかを紹介しています。


介護資格取得で押さえておきたいポイント記事一覧

介護職員初任者研修を受ける3つの方法

介護職員初任者研修を受けられる際、どこで受講すればいいのか?ってお思いになると思います。介護初任者研修を受講するには大きく分けて3つの方法があります。ハローワーク、地方自治体等、介護通信講座の3つですね。どちらの講座もメリット・デメリットがあるので簡単にご紹介しておきたいと思います。ハローワークで介...

≫続きを読む

介護初任者研修の勉強法

介護初任者研修ではどのように学んでいけばいいのか。私がホームヘルパー2級資格取得した際は、講座を難なくこなしていけば終了と同時にヘルパー2級資格が取得できていました。しかし介護職員初任者研修では、研修終了後に修了試験が1時間ほど設けられました。これにより試験に合格しないと修了認定がなされません。では...

≫続きを読む

介護福祉士について

ヘルパーの資格だけだとどうしても給料が少ないですよね。では介護・福祉の道で給料を上げるにはどうするか?手っ取り早いのは介護職員が次に目指す資格として介護福祉士があります。介護福祉士になると資格手当がもらえるんですね。施設によっては手当の幅に差があるようですが、介護職員として働くならとっておきたい資格...

≫続きを読む