介護初任者研修

介護職員初任者研修を受ける3つの方法

介護初任者研修

介護職員初任者研修を受けられる際、どこで受講すればいいのか?ってお思いになると思います。介護初任者研修を受講するには大きく分けて3つの方法があります。ハローワーク、地方自治体等、介護通信講座の3つですね。どちらの講座もメリット・デメリットがあるので簡単にご紹介しておきたいと思います。

 

ハローワークで介護職員初任者研修を受ける方法

介護任者研修を受けられる場合、ハローワークの職業訓練で受講することもできます。わたしが調べた限り、職業訓練での受講期間は3か月間がほとんど。そして募集人員の割に応募数が多いので、なかなか職業訓練で介護初任者研修を受けられないのが現状です。

 

ハローワークだと受講しながら給与も出るのが魅力的なため、募集が殺到するんですよね。介護の求人はハローワークでも多くの募集がありますから、失業して介護の世界に入る方も少なくありません。

 

地域密着型講座で介護職員初任者研修を受ける方法

地元地域の施設等、地方自治体で介護職員初任者研修を行っているところもあります。

 

メリットとして大手介護講座を行っているところよりも安く受講できます。
しかしデメリットとして、夜間コースなどなく募集人員数も少なく、受講日が少ないので自分に合ったコースを選びにくい点が挙げられます。しかし地元地域での講座を受けた方も多いいですよ。

 

介護通信講座で介護職員初任者研修を受ける方法

私は大手講座を開催しているところでホームヘルパー2級を取得しました。

 

全体的に費用が高いですが、全国的に開催しているところが多く、短期や夜間コースなど受講日なども豊富で、駅に近い場所に受講会場がありスクーリングの際に便利です。またニチイなど大手では、研修終了後の就職先に関連施設の紹介もありますので、就職活動がすんなり進みやすいメリットなどがあります。

 

 

 

 

私的には大手介護講座を行っているところで受講されるのがいいかと思います。全国でも人気がありますし、実際に受講してみて講師の方が親切に教えてくれ、仕事をしながらの人でも夜間コースなら仕事帰りに受講することが可能ですから、何かと便利がいいと思います。

 

一度、資料請求してみてはどうでしょうか?私も資料を請求してみましたが、ホームページよりホームヘルパー2級講座(現 介護職員初任者研修)の説明が詳しくされていました。また複数の大手介護講座に一括資料請求することで比較ができますので、自分にあった講座を選べますよ。

 


介護職員初任者研修を受ける3つの方法関連ページ

介護初任者研修の勉強法
介護福祉士について